OPAI自主事業について
Obirin Performing Arts Institute(舞台芸術研究所)

 

パフォーミングアーツ・インスティテュート(舞台芸術研究所)とは

桜美林大学パフォーミングアーツ・インスティテュートは、桜美林大学プラネット淵野辺キャンパスにある劇場「プルヌスホール」の管理・運営業務を学生と共同して行う学内組織として、2004年に開設されました。

通常業務の他、同ホールを『地域に開かれた劇場』にする方針のもと、市民参加型公演やワークショップなどの自主事業、地元高校との共催事業を展開しています。また、ホールで行われる大学主催の活動を紹介すると共に、毎回舞台芸術に関する様々なテーマを独自の視点でレポートする、広報誌aip-エイプ-(現在休刊中)の編集業務も行っております。

近年の主な活動につきましてはこちらをご参照ください。  (文字をクリック)


プルヌスホール概要

 「地域に開かれた劇場」として

プルヌスホールは、桜美林大学PFC(プラネット淵野辺キャンパス)内にある小劇場空間として、2003 年に開館しました。ホールの管理・運営を同大学芸術文化学群の学生が主体となって行うという、国内の大学劇場では稀な形態を取り入れています。学生の実習と発表の場であることはもちろん、『地域に開かれた劇場』としての機能を果たすことを目指して、多数の公演やワークショップなどのイベントが行われています。

施設概要

客席数は約200席となっており、首都圏でも充実した照明・音響システムを導入しています。また、ロールバックスタンド型の客席を使用しているため、四方客席等、様々なタイプの公演が可能です。劇場名の「プルヌス」は、桜の学名から命名されました。

ホール仕様

  • 正式名称 PRUNUS HALL
  • 舞台仕様 スタジオタイプ
  • 客席数 ロールバックタイプ座席数(約200席)
  • その他 照明調光室、ピンスポットルーム、音響調整室、楽屋(和室/洋室)、倉庫

 

OPAI自主事業紹介

『劇場であそぼう』は、プルヌスホールで行う小学4~6年生を対象としたワークショップシリーズです。毎年、舞台芸術の様々なジャンルで活躍するアーティストを招き、数日間のワークショップの後、最終日に一般に向けて発表会や公開ワークショップを行います。舞台芸術が好きな方や、ちょっと興味はあるけど…という方など、どんな方にも気軽に参加していただきたいとの思いから『劇場であそぼう』と名付けました。アーティストと劇場周辺地域の人たちが舞台芸術を通じて触れ合える場を目指しています。


“アウトリーチ”とは、直訳すると「手を伸ばす」という意味。10年ほど前より全国の公共ホールを中心に行われている、音楽などの芸術を普及させるための手段の一つで、音楽ホールや劇場へ訪れる機会の少ない人、まだ芸術に興味を持っていない人の元へ出向き、ミニコンサートを開催するなど、芸術に触れる機会を提供する活動のことを指します。桜美林大学でも、2005年から教育の一環としてこの活動を行っております。能祖將夫教授のゼミ・卒業制作のクラスやパフォーミングアーツ・インスティテュートで企画され、相模原市、町田市の福祉施設や養護学校、小中学校などに訪問しています。プロのピアニストやソプラノ歌手と学生が協同した音楽アウトリーチプログラムや、合唱寸劇『水戸黄門』というオリジナルの演劇アウトリーチも盛んに行っており、毎回有志の学生がキャストやスタッフとして多数参加しております。


桜美林大学パフォーミングアーツプログラム【OPAP】
桜美林大学パフォーミングアーツプログラム(通称OPAP/オパップ)とは、桜美林大学総合文化学科/総合文化学群が主体となって製作する公演の名称です。毎回プロの演出家・振付家がプロデュースし、学生がキャスト・スタッフを務めます。単なる演劇専修生の発表会ではなく、一般観客の鑑賞にも堪える、高いレベルの上演を目指します。

【OPAP最新公演情報Web】http://www8.obirin.ac.jp/opai/opap.php